更新日:2016/10/13 次世代農業EXPOレポート(10月13日)

2016年10月13日、東京幕張メッセで開催されている「次世代農業EXPO」に参加してまいりました。 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

今回は、農業に関する展示会ということもあり農薬散布用のドローンが目白押しです!!
早速気になる機体や発見をレポートしていきます。

◆ドローンジャパン株式会社
ドローン米の展示
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ドローンにより育成管理を行ったお米!
2

ドローン搭載された近赤外線カメラにより光合成の活性化を計測し、最適な時期に収穫を行うことができるそうです。

農薬散布以外にも、米の育成管理でドローンを使用するというおもしろい取り組みですね!

◆DJI
農薬散布機「AGRAS MG-1」が展示されていました!
コンパクトに折りたたむことができ、30秒ほどでセッティング完了
img_5033

img_5035

プロペラの強い風により、稲の上部だけでなく根の深いところまで農薬を送り込むことができるそうです!
3

最新機Mavicも展示されていました! 思っていたより小さいです!!
img_5022

その他展示会の様子
4 >
ガソリンと電気のハイブリットドローン!
4ℓのガソリンで1時間の飛行ができるそうです。

5
災害救助ドローン
膨らむ浮輪を搭載しており、要救助者のところまで浮輪を届ける優れもの。

6
おまけ
重いものを楽々持ち上げるロボット!
想像の世界が現実になっています!!

以上でございます。



農業のほとんどの作業が、ロボットによって行われる。 そんな未来が垣間見えた展示会でした。

これらの新しい技術が安全に、しかし迅速に世の中に進展するよう、行政書士ネットワークでは行政手続きの面からサポートできればと考えております。