更新日:2015/11/16 個人情報保護法の改正について、世論調査の結果が公表されています。

今年の9月に一部改正された個人情報保護法(施行は成立した日から2年以内)では、「ビッグデータ」を活用した経済の活性化などを目的に、誰の情報か分からないように加工された「匿名加工情報」を企業が自由に活用すること等が認められることになります。 内閣府がまとめた世論調査では、今年9月の個人情報保護法の改正を「内容まで知っていた」と回答した人が26.0%にとどまったと公表しています。 参照:内閣府政府広報室HP http://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/h27/h27-kojin.pdf 改正個人情報保護法について 参照:総務省HP http://www.soumu.go.jp/main_content/000355092.pdf