更新日:2017/1/16 【2016年12月】行政書士ネットワーク活動レポート

行政書士ネットワークは、ドローン・民泊等、業務ごとにプロジェクトチームを組んでおり、12月はドローンの申請チーム「SKYプロジェクト」でドローンの飛行体験会を実施しました。 また、年末の総まとめとして、名古屋・東京で2016年最後の定例会も開催。 行政書士ネットワークの1年間の活動報告と、参加者による1年間の課題の洗い出し・発表を行いました。

SKYプロジェクトイベント
~ドローン飛行体験会@仙台~

◇ あれからちょうど1年。。。

2015年12月10日に改正航空法が施行され、ドローンを飛行させる際に許可が必要になりました。

施行日からちょうど1年の節目の2016年12月10日、行政書士ネットワークのドローン申請チーム「SKYプロジェクト」でドローンの飛行体験会を実施。
いつもは書類上でしか関わることのなかったドローンを実際に手に触れ、操縦することで技術の進化を肌で感じることのできる良い機会となり、参加いただいた会員様からも喜びの声をいただきました!

Annai4

まずは、ドローンショップの方から飛行方法のレクチャーを受けます。

この日初めてドローンを操縦するメンバーがほとんどで、真剣に説明を受けている様子は仕事の時の表情とはまた少し変わっていて、まるで好奇心を抑えきれない子供の様な素敵な表情!
会員様の新たな一面を見ることができた良い機会になりました。

福島写真①

◇ 気温が下がるとバッテリーが急激に減る!?


「飛行開始!!」

ブーンッ!!という音を上げて一直線に空へ昇っていくドローンに歓声があがり、初めて目の前でドローンが飛んでいる姿に感動の様子。

しかし、ふと我に返ると福島の寒さにブルッと身震い。。。
この日の気温は1℃。仙台からの道のりでは雪が舞っていました。
そう、これも話には聞いていたのですが・・・気温が低いとバッテリーが急激に減るんです!
10分ほどのフライトでバッテリーが切れてしまいました。
こういった危険性を身をもって体験することで、申請を行う際の安全管理体制の重要性を把握することができました。

福島写真② 福島写真③

都内ではドローンを飛行させる場所がほとんどないため、
この日は仙台のドローンの練習場で思う存分飛行を満喫させていただきました。 今回のイベントを実施するにあたり、仙台の佐々木会員には大変お世話になりました。
ありがとうございました!


私たちは、申請手続きに関する研究はもちろんのこと、ドローン飛行を実際に体験し、また各種展示会等にも
参加をして、これからのドローンの活用に関する様々な情報を収集し、クライアントの皆さまに提供できるように日々活動しています。


申請のご相談等、お気軽に行政書士ネットワークまでお問合せください。


スカイプロジェクト専用ページは画像をクリック!
SKYプロジェクトサイトトップ画像

定例会@名古屋

名古屋での今年最後の定例会。まずは行政書生ネットワークの活動報告を行いました。

2016年はドローン・民泊等、最先端のサービス提供を行うベンチャー企業と業務提携をさせていただき、行政書士ネットワークの会員が業務の担当を行いました。

1612定例会@名古屋①

▼名古屋の宮田会員には、りそな銀行東京本社における研修も担当いただき、感想を発表していただきました。

1612定例会@名古屋②

◇ 他の会員の積極的な動きが大きな刺激に!

最後に、今年の目標で達成できたこと、達成できなかったことの振り返りを全員が発表。

他のメンバーの活動を聞くことで営業のヒントを得られたり、
自分が動いている量が足りないことを気づかされたりと、非常に大きな刺激を受けることができます!

1612定例会@名古屋③

そのあとの懇親会もだいぶ盛り上がりました(笑)

売上の数字に対して、言い合える業務の仲間は実際なかなかいませんから、
自営業者にとって自分自身を客観的に分析する重要な場所です。


定例会@東京

東京での今年最後の定例会。この日が行政書士ネットワークとしての2016年最後のイベントとなりました。

 

◇ 準備体操のワークで営業力UP!

▼まずは、参加者全員が「24時間以内にあった新しい発見、良かったこと」を1分間スピ―チ。実はこのワークは営業等に非常に効果があり、強制的に自分の考えを短時間でまとめて人前で発表することで、営業に強い頭を作ることができます。

1612定例会@東京①

◇ 年間500件のドローン申請実績!

▼ドローン申請チーム「SKYプロジェクト」リーダーの笠井会員による活動報告

2016年12月10日で施行から1年となるドローン申請。2017年には農薬散布ドローンの普及も見込まれております。

1612定例会@東京②

行政書士ネットワークでは国交省や市区村町役場に年間500件の申請を行い、都道府県ごとのルールをデータベース化して参りました。

来年からも引き続き空の産業革命を支援して参ります!

◇ 民泊申請に関わる複数の法律を非常にわかりやすく解説

◆民泊申請プロジェクトチームリーダーの小幡会員による活動報告

チームリーダーの小幡会員より、民泊法制の全体像と現場での運用状況をご報告いただきました。

1612定例会@東京③

民泊業務を旅館業法の許可を取得して行う場合、都市整備法、建築基準法、消防法の知識が欠かせません。

また、都道府県・市区町村ごとに定められる条例の読み込みも必要になります。

今回は実際に担当された案件を例に、各種法令を体系的にまとめてご説明いただきました。

 

書籍や専門サイトでもここまで知識を整理して学べるものはなかったので、目から鱗の連続でした!