更新日:2015/8/18 ITを活用した重要事項説明【宅建業関連】

宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の売買・賃貸等を行う際、原則的に「対面」で宅地建物取引士に重要事項を説明させなけらばならないとしています。 現在国土交通省では、この重要事項説明を、WEBカメラ等を利用してオンラインでも可能とするための検討が進められています。今後2年間に渡り試験的に社会実験を実施し、その結果の検証が行われます。 参考 国土交通層ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000121.html