更新日:2015/10/12 平成29年度に法人税を20%台に減税へ

黒字企業の国際競争力を高めること等を目的に、政府は、企業の利益にかかる法人税の実効税率を現在の32.11%から、平成29年度に20%台へ引き下げる調整を行なっています。 実効税率の引き下げによる税収減を補う対策としては、企業の黒字・赤字を問わず給与総額などの事業規模に応じて払う「外形標準課税」の割合を高めること等が検討されています。