更新日:2015/10/15 飲食店における火災等の災害発生防止のため、通知が行なわれています。

平成27年10月に広島県広島市の飲食店において発生した火災で、火災のあった建築物が違反建築物であった疑いがあることから、国土交通省は、類似の災害の発生を防止するために、飲食店に対する違反対策等、指導の徹底を図るよう、各都道府県建築主務部長あてに通知を行ないました。 商業ビルなどに飲食店がテナントとして新たに入る場合、防火対象物使用開始届出が必要となる可能性があります。 飲食店営業許可や、深夜種類提供の届出、風俗営業の許可申請などを行なう際には、店舗の建物が防火対象物であるか否かを確認した上で、届出の提案を行なうことが必要になります。 参照:国土交通省HP http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000589.html 防火対象物の使用開始の届出に関する詳細はこちら 参照:東京消防庁HP http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/office_adv/bouka/02.html