更新日:2015/10/16 [会員専用ページ]新着動画を公開しました。

今回の動画では、 ・会社設立業務を行なっていくにはどんな知識が必要なのか。 ・特例有限会社から株式会社への移行について相談されたらどういう話をすればいいのか? ・会社の事業目的はどうやって決めていけばいいのか。 等々、会社設立業務を行なうにあたり必要となる基礎知識をおさえます。 会社設立業務(定款の作成)では、会社がどのような事業を行なっていくのかをヒアリングした上で、会社の事業目的や資本金など、適切なアドバイスを行なうことが必要になります。 例えば、会社設立後に宅建業の免許申請が控えている場合には、会社の事業目的に「不動産の売買、賃貸及び仲介」等の文言を入れておくことが必要になります。 その他、 ・古物営業の許可 ・建設業許可 ・労働者派遣事業の許可 など、後に許認可申請が控えている場合には注意が必要です。 ※定款に記載すべき文言については、後に許認可申請を行う行政庁に事業目的の事前確認をしておくのが確実です。 講義動画では、会社設立業務を行なうにあたっての心構えや、会社設立手続きの注意点をご覧いただけます。 是非ご活用ください。