現在の本会員数:156名

ドローン飛行計画策定・許可申請手続き

Overview |概要



クライエントは大手ディベロッパー。
都内再開発地区にて、ドローンを使用した広告宣伝用の映像撮影を希望。
日本で最も飛行手続きの難易度が高い“国会周辺エリア”にて、飛行計画の策定・各種行政機関への手続きを実施しました。

Background |背景



小型無人機等の飛行禁止法により、国会議事堂や内閣総理大臣官邸などの対象施設と、その周辺地域の上空ではドローンの飛行が禁止されています。
このエリアで飛行を行う際には、国会議事堂等の管理者の同意手続きと管轄する警察署への手続きを行う必要があります。

Approach |アプローチ



1、飛行当日のルート・安全管理体制のプラン作成


2、各種行政手続きの実施

①航空法上の許可申請
②飛行場所の管理者の同意取得
③衆議院や皇居など、飛行させる重要施設の管理者の同意取得
④警察署への事前通報


最短のスケジュールで飛行を行うためには、航空法上の許可、飛行場所管理者の同意、対象施設管理者の同意を同時並行で行う必要があります。
また、警察署への事前通報は飛行の48時間前までに行う必要があるため、予定日に飛行を実施するために関係機関との調整を迅速に実施いたしました。

Effect |効果



○最短期間での手続きにより、希望通りの日程で飛行を実施
○飛行当日の安全管理サポートにより、スムーズな飛行開始・映像撮影を実施
○予定通り広告・宣伝映像の公開

この事例をシェアする