go to top
TOP > 月例会
月例会

2019.03.14

Monthly Training(月例会):2月実施レポート

share

 2月に東京で開催しましたMonthly Training(月例会)について掲載いたします。
※次回のMonthly Training(月例会)は3月22日(金)19:00~21:00 @御茶ノ水セミナールームです
 会員の皆さま、3月のMonthly Training(月例会)は2月に引き続き本国会にて提出予定の「デジタルファースト法案」について検討するワークを実施します。
 まずは2月のMonthly Training(月例会)の際に議論された意見を確認してから、さらに深掘りをしたワークを実施したいと思いますので、ご自身でやられている業務について電子化する際にどのような課題が生まれるか今一度具体的に検討された上でご出席いただけると幸いです。

【申込みはこちらから】
○3月22日(金)19:00〜21:00  Monthly Training(月例会)(3月)[申し込む]


Monthly Traning(2月28日)実施内容

➀ newsピッチ
➁グループディスカッション~デジタルファースト法案に対する具体的な提言~


➀newsピッチ

 最近のニュースについて、情報共有を行いました。
 共有したトピックスは、以下になります。

・外国人在留資格の優遇大学を拡大
・クラウドソーシング
・LGBTと行政書士
・相続預貯金の流出
・GovTech
・中国の廃プラ輸入規制
・特定行政書士の可能性
・酒類販売免許
・AIスピーカー
・相続に関連する裁判
・セブンイレブン時短営業
・OYO


スタッフの最近気になるニュースは「銀行以外の送金上限額100万円規制の撤廃」

 上記NEWSトピックスには含まれませんが、スタッフの大河が最近注目しているニュースが。「銀行以外の送金上限額100万円規制の撤廃」というものです。
 現状、100万円超の送金は免許を受けた銀行にしか認められていませんが、2021年半ばを目安に新たな認可制を設けることで、銀行以外の業者も多額な送金業務を担うことが可能となります。
 詳しくは別途スタッフコラムで掲載しておりますのでぜひご覧くださいませ!!


➁グループディスカッション

 本国会にて、「デジタルファースト法案」の提出が予定されていますが、行政手続の電子化については、闇雲に推進するのではなく、行政領域に精通している専門家の知見を基に検討することが必要不可欠です。

 今回は、本法案に対する具体的な提言を行政書士ネットワークで作成する試みの一環として、各自の担当業務を電子化する際にどのような課題が生まれるかを具体的に検討し、オリジナルのプレゼンテーションシートを用いてディスカッションを行いました。
 ご自身の業務について、条例や関連行政の影響がどの程度あるのかなど、様々な検討項目から見つめ直し、電子化に馴染むかどうかを検討しました。


次回は3月22日(金)19:00〜

 冒頭でもお伝えした通り、次回のMonthly Training(月例会)は3月22日(金)19:00~21:00 @御茶ノ水セミナールームです
 会員の皆さま、3月のMonthly Training(月例会)は2月に引き続き本国会にて提出予定の「デジタルファースト法案」について検討するワークを実施しますので、ぜひご参加くださいませ!!


関連タグ一覧