go to top
TOP > Weekly GNET
Weekly GNET

2019.06.10

Weekly GNET(2019.6.10)

share

Weekly GNETとは
行政領域に関するニュースを中心に、黒沢と高橋がそれぞれ独自のコメントを入れて配信しています!
配信日の前の週の金曜日までに起こったニュースに対してコメントしています。

目次


1
外国人労働者政策に関する民間有識者による河野外務大臣表敬

外国人労働者政策に関する民間有識者による河野外務大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/f


■ 黒沢
山脇先生も参加されて提言書を提出されていますので、入管業務をやられている方は是非ご一読を。

2
Airbnb、新宿区と連携協定締結。事業者の法令遵守・宿泊者のマナー向上を目指す

Airbnb、新宿区と連携協定締結。事業者の法令遵守・宿泊者のマナー向上を目指す
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news


■ 黒沢
新宿区はすでに届出件数も1000件超えています。airb担当者ともよく会話しますが、各国それぞれ規制も文化も違う中、新しいビジネスをなじませていく手法は本当に勉強になります。

3
三菱UFJ銀行、「紙の通帳」新規発行を原則中止へ 「デジタル通帳」を推奨

三菱UFJ銀行、「紙の通帳」新規発行を原則中止へ 「デジタル通帳」を推奨
https://www.itmedia.co.jp/news/


■ 黒沢
相続手続きの際、よくあるのがネットバンキングなどのパスワードが分からないというもの。パスワード管理や、それ以外のデータ取得方法が無いと実務上は不便ですね。

4
エストニアのデジタル国家ソリューションのすべてのソースコードが公開されます

5
ドローンで橋の法定点検 千葉県君津市7月から実験

ドローンで橋の法定点検 千葉県君津市7月から実験
https://r.nikkei.com/article/DGX


■ 黒沢
法定点検で使用が認められる運用が拡がるきっかけになりそうですね!
■ 高橋
道路法施行規則第4条の5の5第1号では、点検について「近接目視」と規定されています。そして、道路橋定期点検要領では「近接目視により把握するか、または、「自らの近接目視によるときと同等の健全性の診断を行うことができる情報が得られると判断した方法」により把握しなければならない」 とあります。ここを根拠に、千葉県君津市は市内の橋の法定点検にドローンを使うようです。

6
改正国有林法が成立 大規模伐採を民間開放

改正国有林法が成立 大規模伐採を民間開放
https://mainichi.jp/senkyo


■ 高橋
意欲と能力のある林業経営者を育成するため、「民有林」を対象とした「森林経営管理法」を補完する形で、「国有林」の長期・安定的に木材を供給する仕組みを整えました。樹木採取権の設定なので、コンセッション方式ではないとのことですが、外資などの参入の狙いもありそうです。

7
ハロウィーン条例 違反者に罰則なし

ハロウィーン条例 違反者に罰則なし
https://www.asahi.com/articles/


■ 高橋
担当者によると罰則を見送った理由は「取り締まるための態勢や予算の都合」とのこと。仮に罰則を設けるとしても路上での飲酒は犯罪行為ではないので、秩序罰ということになります。憲法13条との関係を考えてみると、この条例案が時期・場所等を絞っている理由が見えてくる。

8
【保存版】建築基準法改正のポイント

【保存版】建築基準法改正のポイント
https://minpaku-univ.com/interview/13642/


■ 高橋
「今回の改正によって既存不適格建築物である200㎡以下の戸建住宅を他の用途に変更しようとした場合には用途変更申請は不要になりますが、用途自体は変更されるので現在の建築基準に適合させる必要があります。」。この部分はとても大切ではないでしょうか。

9
同性婚認める法案提出=立憲など

同性婚認める法案提出=立憲など
https://www.jiji.com/jc/article?


■ 高橋
法律の文言についても「夫」「妻」「夫婦」を「婚姻の当事者」、「父」「母」「父母」を「親」とするなどの視点が示されています。同性の親の養子縁組も含めて、いま一度家族のあり方を考えていく必要があります。

10
楽天ペイ、スイカと連携 電車やバスも乗り降り

楽天ペイ、スイカと連携 電車やバスも乗り降り
https://www.nikkei.com/article/


■ 高橋
カードタイプのSuicaよりモバイルSuicaのユーザーの方が利用額が大きくなる傾向がある等、楽天ペイとタッグを組むメリットがJR東日本にもある。今のところAndroidのみの対応で、iPhoneの対応は今後検討するとのことです。

11
行政サービス向け住民ID基盤「GaaS」、スマートバリューが石川県加賀市に導入

行政サービス向け住民ID基盤「GaaS」、スマートバリューが石川県加賀市に導入
https://prtimes.jp/main/html/rd/p


■ 高橋
GaaS(Government as a Service)。ブロックチェーン技術を用いた日本初となる住民ID基盤とのこと。肝は行政手続きの電子化だと思いますので、マイナンバーカードと連携した住民票の発行の手続き等の実証実験が進んでいくことに期待です。

12
「AI行政書士 マルット」 宅建業の変更届、自動作成機能リリース

「AI行政書士 マルット」 宅建業の変更届、自動作成機能リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p


■ 高橋
「AI行政書士 マルット」は行政書士の業務を99.9%、 ITに落とし込むことを目指しているとのこと。個人的にはAI化できる部分はどんどんAI化を進めてほしいと思っています。AI化が進めば進むほど、人間が持っている五感が研ぎ澄まされていく気がしています。

13
保険証利用時、顔認証でチェック=マイナンバーカードで検討-政府

保険証利用時、顔認証でチェック=マイナンバーカードで検討-政府
https://www.jiji.com/sp/article?


■ 飯田
本人確認に顔認証システムを用いることには賛成ですが、そもそもマイナンバーの立ち位置について考え方を見直さなければならないと思います。人に見せてはいけない情報をカードに堂々と記載している時点で疑問が残ります。普及のために利用場面を増やすことに加えて、マイナンバーの制度自体もより良いものにしていく必要がありそうです。

14
消防ロボット部隊が発足 ドローンや放水砲で備え 千葉・市原

消防ロボット部隊が発足 ドローンや放水砲で備え 千葉・市原
https://mainichi.jp/articles/2019


■ 飯田
「緊急車両としてのドローン」の取り扱いは盲点でした。これから消防を中心に活躍が期待されるようになれば、さらなる法整備が必要になります。最短距離で到着するために、私有地の上空を飛行しても良いなどの規定ができるのでしょうか。

15
保険証利用、22年度中に全国で=番号カード普及、8月に工程表-政府

保険証利用、22年度中に全国で=番号カード普及、8月に工程表-政府
https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/v/


■ 飯田
取り扱う情報量や利用する機会が増えることはとてもいいことだと思います。医療機関に読み取り機を設置することに加えて、個人が自分の情報を確認できるようにすることでマイナンバーへの信頼感や普及率が高まると思います。

16
民事裁判の手続きのIT化 来年2月にも法律の見直し諮問へ

民事裁判の手続きのIT化 来年2月にも法律の見直し諮問へ
https://www3.nhk.or.jp/news/ht


■ 飯田
弁論準備手続や書面による準備手続では電話会議システムが用いられることがあります。口頭弁論の前段階ですが、裁判官としては必要に応じてテレビ電話などを導入することでより適切な判断ができるようになるのではないでしょうか。

17
住民1人ひとりに応じた情報を提供するポータルサイト「加賀POTAL(ポータル)」開設=ブロックチェーン技術を活用

住民1人ひとりに応じた情報を提供するポータルサイト「加賀POTAL(ポータル)」開設=ブロックチェーン技術を活用
https://www.jiji.com/sp/article?


■ 飯田
最近、このような取り組みをする自治体や民間企業が増えてきています。現在は行政手続きやマイナンバーとの連携は出来ていないとのことですが、説明会やイベントなどの市の情報を提供しています。そして、これらのサービスをより高度な行政手続きに発展させるためには行政書士の知識が必要不可欠だと感じます。